印鑑の豆知識

印鑑は自分自身の分身と言われています。
基本的な印鑑の長さは60mmあり、還暦までは元気に丈夫に仕事ができるようにという意味があるようです。
『印鑑(実印)を掘り直す』ことは、使用している人の良い運も削ってしまう為、身を削ると嫌う人もいます。
また「さぐり」(印鑑中央部の目印)も同様に自分の身を傷つけることから嫌われます。一般的に「さぐり」は高級な印鑑(特に実印)にはいれません。
重要な書類に押印する場合は、印鑑の上下確認をしてから一時の余裕を持って冷静になりましょう。

trivia

実印

現住所の市区町村に登録する印鑑のことをいいます。

用途

契約書、金銭、その他賃借証書、公正証書、不動産取引、車の購入、遺産相続他

書体

運勢が八方に広がるように「印相体」が一般的です。

印面

男性が15mm~18mm、女性は13.5mm~15mmが一般的です。

アドバイス

男性は「目的相違判」といわれるビジネスにおいて100%の力を出すことを願い、姓名を入れて彫ることが良いとされてます。また重要な書類に押印することから防犯上、類似印と区別する為に姓名で彫ります。
女性は結婚してからでも使用できるように名前だけで彫ることがあります。また印影が不鮮明なもの、ゴム印等印影が変形するもの、印影の直径が8mm未満、25mm以上のもの、「三文判」といわれる既成印鑑も登録できない場合があります。

銀行印

銀行に新規に口座を開設する為の届印のことをいいます。

用途

預金の出し入れや小切手などに使用します。

書体

運勢が八方に広がるように印相体が一般的ですが、お札に使用されている。
てん書体もお金が貯まると言われます。

印面

男性は15mm、女性は13.5mmをお勧めします。

アドバイス

「安定」「調和」「和合」という意味から「横彫り」をお勧めします。男性は「姓の横彫り」、女性は「名の横彫り」が良いと思います。
印面サイズはお金が貯まるように縁起を担いで紙幣に押してある印の大きさ、表が15mm、裏が13.5mmの大きさが好まれます。

認印

日常生活で一番使用頻度の多い印鑑です。通常は「姓」のみで彫ります。

用途

配送品の受領、連絡帳の確認、他。

書体

誰でも確認しやすいように「古印体」が一般的です。

印面

男性は12mm、女性は10.5mmをお勧めします。

アドバイス

「認印」であっても本人が押印することで法律上「実印」と同等の効力を持ちますので管理には注意して下さい。
「浸透印」は正式な書類には通用しません。
「認印」は一般的に「縦彫」になります。それは自分自身が積極的に行動するという意味があります。

落款印

書画の自作を示す印鑑です。

種類

白文印:文字を彫る為、文字が白抜きになります。姓名を彫刻します。
朱文印:文字を残して周りを彫るため文字が朱色になります。雅号を彫刻。雅号とは、姓名以外の風流、風雅な別名のことをいいます。
関防印(印首印)、遊印:好きな言葉を彫刻します。

用途

画、書道、絵手紙、陶器

書体

白文印は「篆書体」「古印体」が多く使用されています。
朱文印は「隷書体」「行書体」が多く使用されます。

印面

24mm、21mm、18mm、15mm、12mm、10mm

アドバイス

印材は、柘及び青田石を使用します。ゴム印もあります。
プロの方は三顆対印を使用します。三顆対印とは、白文印、朱文印、関防印が一組になったものをいいます。
手彫りの場合は外枠が虫食いになっています。